自然素材住宅の魅力とは?失敗しないために知っておきたい関連情報を詳しく紹介

このサイトでは、今注目を集めている自然素材住宅の魅力や知っておくべき関連情報について詳しく紹介していきます。
自然素材を使った家づくりで失敗しないための対策や、住み始めてからの経年劣化をうまくいかすコツなどについてもわかりやすく解説するので、自然素材のことを全く知らない人にもおすすめです。
これから家を建てたい人やすでに家を建てている人もしっかりと情報収集をして、住まいの快適な暮らしに役立てていきましょう。

自然素材住宅の魅力とは?失敗しないために知っておきたい関連情報を詳しく紹介

自然素材住宅はいわゆる化学物質を使用せずに無垢材、珪藻土、漆喰などの自然由来のもので造られた住宅のことを指します。
自然素材住宅はアレルギーやアトピーなどの疾患をはじめシックハウス症候群などの健康被害のリスクを軽減することができたり、自然本来の風合いを楽しめることなどが大きな魅力です。
一方でコストが高くついたり、ひび割れや反りなどのトラブルも起きやすいことから、それぞれの素材の特例に関連する情報をよく理解した上で上手に付き合っていくことが必要となるでしょう。

身体にも環境にも優しい自然素材住宅

自然素材住宅は結局のところ、人も動物も過ごしやすい上に、地球環境や社会にとっても優しいといえるのではないでしょうか。
名前のように自然由来の素材を活かしてつくられる自然素材住宅は、化学物質の心配が少なく、健康面において信頼や安心感が得られるものです。
呼吸する素材を採用している住宅は特に、空気が違う感じが実感できますし、呼吸器系が弱い人にとっても呼吸が楽に感じられたり、気になる症状が落ち着くことがあります。
一方では製造や加工、施工における環境負荷が抑えられるのも魅力で、地球に優しく持続可能な社会の実現に繋がるのも見逃せないポイントです。
自然素材住宅は自然という文字が注目を集めますが、単なるイメージだけでなく実際にとても良くて優しい素材だといえます。
もし家づくりや住宅購入を検討するのであれば、自然素材住宅に着目して特徴やメリットを把握したり、それ以外の素材でつくられているものと比較してみるのが良いのではないでしょうか。

自然素材住宅で快適に過ごすためのポイント

自然素材住宅は化学物質が発生しない素材を使っているので、アレルギーになるリスクが低いです。
そんな自然素材住宅で快適に暮らすならば、日々のお掃除はしっかりしなければなりません。
アレルギーを引き起こす原因は化学物質だけではありません。
ホコリやダニなどのハウスダストも原因となるため、それを除去するためのお掃除は欠かせないのです。
床や柱、梁などの無垢材は、汚れが付着しやすい傾向があります。
そこで蜜蝋や米糠などで定期的に磨くのがおすすめです。
表面にコーティングができるから汚れが付きにくくなり、住むほど味が出てきます。
珪藻土や漆喰の壁は調湿性がありますが、湿気を吸いすぎるとカビを発生させることがあります。
暖房などで窓に結露が見られるほどならば、窓を開けて換気をするのが得策です。
それでも湿気がひどいときは除湿剤を設置してカビが発生するリスクの高い時期を乗り越えてください。
また汚れた手で壁を触ると落とすのが難しいので、その点も気をつけなければなりません。

自然素材住宅でよくある失敗例とは?

ハウスシック症候群などのアレルギーになりにくい自然素材住宅は、健康意識の高い人たちから人気です。
しかしその性質ゆえの失敗も多いためよく理解しておく必要があります。
まず無垢材のフローリングや壁は歪みが生じやすい点です。
集成材などはこの欠点をカバーするために考えられたものですから、仕方がない面もあります。
歪みによる問題を起こさないためには、米糠や蜜蝋などの自然素材を使って表面を保護することです。
湿度の変化による歪みを最小限に抑えることができます。
このメンテナンスの手間を念頭に置かずに自然素材住宅を選ぶと後悔します。
珪藻土や漆喰の壁はひび割れが多いですし、カビが出るリスクがあります。
自然素材の壁は調湿性に優れ、ホルムアルデヒドを出さないことが魅力です。
ところが自然素材だからひび割れや質感のムラが出てしまします。
工業的な壁紙と比べて均一の質感を保つのが難しいのです。
また湿気を吸う能力には限界があり、吸いすぎるとカビの原因となることもあります。
乾燥剤などをうまく使いながらコントロールする手間が必要です。

自然素材住宅で暮らすために大切な日々のメンテナンス

日本では古くから、木造住宅を建設する家庭は多い傾向です。
日本だと国土面積の約80%が山林となっており、ヒノキやスギと言った良質な木材を気軽に調達できる環境があります。
必然的に建材に利用されるようになって現在に至るわけです。
木造住居のことを専門用語では、自然素材住宅と呼ばれます。
ここでは簡単に、自然素材住宅で暮らすためのポイントについて見ていきましょう。
必ず守りたいことは、日々のメンテナンスです。
鉄筋コンクリートといった人工素材ではないため、建設後から少しずつ劣化が進むのが特徴です。
自然素材住宅は特に乾燥をさせていない材木を基礎にも用いているため、高温多湿の環境下ではひび割れが生じる恐れもあります。
メンテナンスは非常に簡単で、毎日しっかりと窓を開けて換気を良くしつつ、壁や床などに定期的にワックスを施すことです。
ワックスは油脂なので、表面をコーティングすることが可能になるアイテムです。

筆者:野津士郎

筆者プロフィール

愛媛県松山市生まれ。
最近話題の自然素材住宅について情報を発信しています。
松山市の自然素材住宅